宝塚友の会の「ステイタス制」と「年会費」は??

LINEで送る
Pocket




 

さて、「宝塚友の会」でのチケットの販売方法、申し込み方法はこちらで分かりましたね。多分。

宝塚歌劇のチケットの取り方はこちらから
宝塚歌劇のチケット発売情報はこちらから

そこでも出てきた、

「ステイタス制」って何??

名前は違っても、他でも見たことはあると思います。

要は、「会員のランク付け」です。

ざっくり言うと、いくら貢いだか、ですよね。
まぁ自分が観たいから観てるだけであって、劇団にお金を落とそうって思ってないですけどね。
劇団側からすると、貢いでくれたから何かでお返しするよ、って事です。
まぁよくスーパーとかでもある「ポイントカードお持ちですか?」みたいな感じです。

会員先行販売などの宝塚友の会サービス利用状況に応じて「ステイタスポイント」が加算されます。
ポイントに応じて「ステイタスランク」が変動します。
抽選方式の当選確率を上げる要素のひとつとなります。
らしいです。

このポイントなんですが、何をしたら何ポイントってのは明確にはされていません。
何ポイント貯まったらランクが上がる、というのも明確にはされていません。
なので、適当に利用してたらいつの間にか何か知らないけど上がってた、みたいな状況が発生するわけです。
まぁ勝手に上がってくれるなら嬉しいですけどね。

とりあえずこの「ステイタス制」のメリットは、当選確率が上がる、って事だけみたいです。

何ポイント貯まったからポイントで買い物~とかは出来ないので、間違わないように。


何をしたらステイタスポイントが貯まるの??

・会員区分がweb会員(会員月毎に加算)
・宝塚友の会継続年数(会員月毎に加算)*永久ポイント
・「歌劇」「GRAPH」定期購読サービスの利用(会員月に加算)*永久ポイント
・宝塚歌劇公式Facebookの登録(「Myページ」登録時に加算)
・チケット会員先行販売の購入(金額に応じて加算)
・チケット会員先行販売の申し込み(申し込み回数に応じて加算)
・PRINT@HOME(プリント・アット・ホーム)の利用(公演毎に加算)
・チケット会員先行販売の申し込み連続回数(継続毎に加算)*宝塚大劇場公演・東京宝塚劇場公演の第2抽選のみ

となっています。
上の方が加算ポイントが高くなっているみたいです。

ポイントを狙うなら、まずは「web会員」になることですね。
あとお手軽に出来るとすれば、宝塚歌劇公式Facebookの登録ですね。

しかし、色々調べてみると、一般会員でもランクの高い方や、ほぼ同じくらいに申し込んだはずなのにランクが割と早めに上がった方、色々なパターンがあるので、結構このポイントには曖昧なところがあるみたいです。

まず入会したばかりの時は、なかなかチケットが当たらないようですね。
ランクが高い方の方が当たりやすいのでね。
ここが退会してしまうきっかけになってしまうような気がします。
だってせっかく会員になったのに、チケットが当たらないんですからね。
ここは劇団側になんとかしてほしいところですが、ここは堪えましょう。

上記のステイタスポイント見てください。
・チケット会員先行販売申し込み(申し込み回数に応じて加算)
・チケット会員先行販売の申し込み連続回数(継続毎に加算)
とありますね。

ここがポイントです。

一応ポイント加算的には少なくはなっているんですが、毎回当たらなくても申し込みをすることで、結構早くランクが上がるらしいのです。

他のポイントは、会員月や登録時だけ加算になっているので、会員先行販売の申し込みがランクを上げる近道になります。

ポイントにも有効期限があり、「前々年1月以降の進呈ポイントが有効」となっています。
上記の「*永久ポイント」となっているものは失効しません
有効期限があるので、2年間チケットの申し込みをしないとランクが下がる可能性もなくはないのでしょうね。
ランクを上げる、維持するなら、毎年毎年チケットを申し込み続けなければいけないのです。


ランクって何があるの??

ランクは5つあって、上から

・ダイヤモンド
・プラチナ
・ゴールド
・シルバー
・レギュラー

となっています。
ダイヤモンドが1番チケットが当たりやすくなっています。
しかし、プラチナの会員の方でも毎回当たるわけではなく、3公演連続落選などという事もあるようです。

このランクは毎週木曜日に更新されるようです。
結構スパンが短いです。
ネットの会員ページでも、送付物の封筒かどっかにも書いてあるみたいです。




入会金と年会費は??

とりあえずざっくりと表にしてみました。

会員種別
会員証名称
宝塚友の会サービス
宝塚友の会サービス以外の各種機能
入会金
年会費
定期購読サービス
カード年会費
交通利用・ショッピング
PiTaPa
本会員
タカラヅカレビュー
STACIA VISAカードP
1,000円
一般会員
2,500円

web会員
2,500円
ー1,000円
=実費1,500円
希望会員のみ

「歌劇」
「宝塚GRAPH」
それぞれ1年間12冊
8,640円
1,350円
維持管理料
1,080円
タカラヅカレビュー
STACIA VISAカード
タカラヅカレビュー
STACIAカード
514円
ジュニア会員
タカラヅカレビュー
STACIAジュニアカード
無料

一般会員とweb会員で違うのは、年会費とチケットの申し込み方法、チケット販売のお知らせくらいです。

一般会員は年会費が2,500円なのに対し、web会員は実質1,500円と1,000円安くなっています。
この実質というのは、とりあえずweb会員も年会費として2,500円引き落とされるのですが、2か月後に1,000円キャッシュバックされます。
なのでキャッシュバックを引くと、実質1,500円で済む事になります。

チケットの申し込みは、どちらもインターネットでの申し込みが可能となっています。
それに加え、一般会員は電話でも申し込みが出来ます
web会員もそれなりの数は存在するので、全体の数からすると、電話申し込みの割合は少なくなっているはずなので、少しは電話申し込みの方がしやすくなっているのかもしれません。
インターネット申し込みの場合はチケットの受け取りがチケットレスシステムのみですが、電話申し込みの場合はチケットの受け取りが郵送になっているので、チケットレスシステムを利用したくない方は、一般会員で電話申し込みするしかありません。

チケットの申し込み方法はこちらから。

一般会員の場合、チケット販売のお知らせという冊子が自宅に届くのですが、web会員の場合はありません。
web会員はインターネットで冊子を見る事になります。
冊子をなくすと言うことはないですが、ちょっとネットで見るには見にくいと思います。
文字が小さいので、拡大しながら見なければ見えなかったり、マウスで移動しながら見るので、どっか見逃してるところとかありそうだし…
見れないことはないですが、私は出来れば冊子の方がありがたいと思ってしまいます。

と、どちらもメリット・デメリットが存在します。
自分が重視する方を選ぶといいでしょう。

あ、あと上記でも書いたように、web会員はステイタスポイントが加算される、というメリットはありますね。

一般会員からweb会員への移行はいつでも可能ですが、web会員から一般会員への移行は、一回退会しなければなりません。
迷ってしまったら、まずは一般会員で入会し、様子をみながらweb会員へ移行した方が、ステイタスポイントなどを考えるとデメリットとなる事はないでしょう。




上記の表でも書いたように、どちらの会員でも共通しますが、カードの種類を選ぶことが出来ます。

宝塚友の会のサービスは、どのカードでも共通して利用出来ます
ざっくり違いを説明すると、電車の定期としても使えるもの、クレジットカード付、何も付いてないもの、って感じです。
全てのカードに共通するのは、STACIA提示特典となります。

・タカラヅカレビューSTACIA VISAカードP

これはPiTaPa(ピタパ)が付いているカードになります。
PiTaPaってなんだ??
恐らく関西以外の方にはなじみがないですよね。
私も知りません。
なんかsuicaみたいなやつです。
電車乗れて、買い物出来て、みたいな。
見てみたところ、関西以外ではほとんど使えないみたいなので、関西の方はいいかもしれませんが、関西以外の方はいらないでしょうね。
このカードにすると、維持管理料として年1,080円かかります。
年1回以上使えば無料になるみたいですけどね。

STACIAポイントが付きます。
これも主に関西ですね。
関西以外に住んでいると、貯まらないし使えないし、別にいらないんじゃないかと思います。

クレジット機能が付いています。
三井住友VISAカードです。
ここはちょっとほしいところです。
なぜなら、三井住友VISAカードの貸し切り公演に申し込めるからです。
と考えると、三井住友VISAカードの貸し切り公演は申し込み多数ですね。
別にこのカードを作って申し込むまでもないでしょう。
これ作っちゃえばいいんですからね。
これも年1,350円かかりますが、初年度無料2年目以降は前年に1回以上利用していれば無料になります。
ただし、宝塚友の会以外での利用に限ります。
って事は、観劇ついでにキャトルレーヴでポストカード1枚でも買っちゃえばいいんです。
VISAが使えればですけど。

このカードが全部の機能を詰め込んだものと考えていいでしょう。
他のカードはこれから何かを引いたものになっていきます。

・タカラヅカレビューSTACIA VISAカード

上記の「タカラヅカレビューSTACIA VISAカードP」から、PiTaPa(ピタパ)を抜いたカードになります。

・タカラヅカレビューSTACIAカード

上記の「タカラヅカレビューSTACIA VISAカードP」から、全てを抜いたカードになります。
1番シンプルなSTACIA提示特典しか付いてません
とりあえずこれでも用は足ります。
カード年会費として514円はかかってしまいます。

・タカラヅカレビューSTACIA ジュニアカード

これもSTACIA提示特典しか付いていません
カード年会費は無料になっています。

が、入会時に中学生以上18歳未満の方しか作れません
親権者が契約者となり、代金も親権者の口座から引き落としになります。
だったらわざわざ作る必要もないんじゃない??
ですよね。
でもよく考えてみてください。
このカード、ジュニアと言いながらも、カードの性質的には「タカラヅカレビューSTACIAカード」と同じ。
チケットが買えるんです。
会員って1人につき1つしか入会出来ませんよね??
入会費、年会費がかかってもいい、という方で、ちょうどこの年齢のお子さんがいれば、カードが2枚。
つまり、チケット当選確率が2倍
条件が合えば、結構おいしいカードなんです。
そしてこのカード、カード年会費は無料ですしね。
年1,500円払えばチケットの当選確率が2倍になりますよ
みたいなものですね。

宝塚友の会ってチケット取れるだけ??
と思っている方。
実はまだまだ特典があるんです。
そして入会方法は??
さて、続き見てみましょうか。

こちらから。

宝塚歌劇のチケットの取り方はこちらから
宝塚歌劇のチケット発売情報はこちらから




LINEで送る
Pocket

Tagged on: ,

One thought on “宝塚友の会の「ステイタス制」と「年会費」は??

  1. Pingback: 「宝塚友の会」でチケットを取ろう! | N-Gene☆宝塚ちゃんねる

コメントを残す